安全な仮想通貨取引所は?【ビットフライヤー(bitFlyer)】がおすすめ![資本提携,セキュリティ,補償保険]

2018年3月30日

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨初心者はまずここ!

★登録はここからどうぞ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

もくじ

ビットフライヤー(bitFlyer)の信頼性
  • 潤沢な資本金
  • 大手企業が株主に
  • 安定の取引量
ビットフライヤー(bitFlyer)のセキュリティ
  • マルチシグネチャ(複数キーの使用)
  • コールドウォレットの使用(オフラインでの管理)
  • 二段階認証
ビットフライヤー(bitFlyer)の補償・保険
  • アカウント盗用の際の補償
  • 事業主としての保険加入
ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法

**

おすすめ仮想通貨取引所

ビットフライヤー(bitFlyer):名実ともに日本一の取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
↑登録はこちらから

  • 世界最高レベルのセキュリティー
  • 国内大手企業からの出資
  • 取扱通貨:BTC/ETH/ETC/LTC/BCH/MONA/LSK

ザイフ(Zaif):他には無いサービスが今後期待できる!


↑登録はこちらから

  • XEM(ネム)が買える!
  • トークンが買える(COMSA/ZAIF)
  • 指値注文もしっかりできる!
  • 取扱通貨:BTC/BTC/ETH/XEM/MONA

GMOインターネットグループの【GMOコイン】


登録はこちらから

  • 国内大手企業では数少ないリップル取扱い
  • グループ企業での証券・FXサービスで実績
  • セキュリティ面、サーバーの安定性等で安心感がある
  • 取扱通貨:BTC/BCH/ETH/LTC/ETC/XRP

ビットフライヤー(bitFlyer)の信頼性

★登録はここからどうぞ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

潤沢な資本金

国内仮想通貨取引所・資本金

 企業の規模や安定性を示すものの一つに資本金があります。ビットフライヤーは国内の仮想通貨取引所の中でダントツの資本金を誇ります。資本金とは企業を設立する際の運転資金と考えて良いでしょう。さらに言うと、株主によって集められた資金とも言えます。では、ビットフライヤーの株主はどのような構成になっているか? 

大手企業が株主に

画像:pixabay

ビットフライヤー(bitFlyer)の主要株主

※キャピタル:ヴェンチャー企業への投資会社

参考:ビットフライヤー(bitFlyer)

 ご覧の通り、日本有数の大企業及びグループ企業からの支援を受けています。メガバンク系列の投資会社を始め、保険会社(第一生命/三井住友海上)、人材派遣(リクルート)、広告(電通)、ネット証券(SBI)といった各業界のトップ企業が株主に名を連ねています。

 いち企業の株主になるというのは、その企業を信頼している証です。仮想通貨取引所などのベンチャー企業はリスクもあるので、なかなか大手企業からの支援を受けるのは大変です。そんな中、ビットフライヤーにはこれだけ多くの企業の支援を受けています。企業としての価値、事業の健全性を示すものとして、非常に高く評価できます。万が一のことがあっても、これらの株主からの支援を受けることもできます。

安定の取引量

※24時間あたり/2018年2月9日現在

参考:Cryptocurrency Market Capitalizations

 あまり注目されませんが、取引量の多さは安定した売買に欠かせない指標です。取引量が多ければそれだけ売買がスムーズに行われます。逆に取引量が少ないと、いざという時に売買がなかなか成立しないということもありえます。国内の取引所では圧倒的な取引量を誇っています。

ビットフライヤー(bitFlyer)のセキュリティ

画像:pixabay

 2018年1月末のコインチェックの流出事件のため、仮想通貨取引には危険というイメージが付いてしまいました。しかし、あの事件ではコインチェックのずさんな管理が原因と言って間違いありません。そこで、コインチェックの管理体制との比較をしつつ、ビットフライヤーの安全性を説明していきます。

参考: bitFlyer のセキュリティ

マルチシグネチャ(複数キーの使用)

 取引所がビットコインを移動する際にはキー(鍵)が必要です。ビットフライヤーではその鍵を複数個使用しています。具体的には、3つのキーを所有した上で、そのうちいずれか2つを使用してコインを移動させる、という方法です。こうすることで、万が一1個のキーが盗まれた場合でも、セキュリティは破られることはありません。

 ちなみに、2018年1月末に流出事件を起こしたコインチェック社と比較すると、コインチャック社ではこのマルチシグネチャを使用していませんでした。そのため、簡単にハッキングされ、コインが流出してしまいました。

コールドウォレットの使用(オフラインでの管理)

 ウォレットというのは、仮想通貨を仕舞っておくコンピューター上の財布のことです。このウォレットには「ホットウォレット(オンライン)」と「コールドウォレット(オフライン)」の2種類があります。

 オンライン上でコインを管理するとハッキングなどの脅威にさらされる可能性があるため、取引所が顧客から預かった仮想通貨の大半は、オフラインで管理するのが常識です。ビットフライヤーではそこにさらに何重ものセキュリティと24時間体制の監視を追加し、極めて高い安全性を実現しています。ビットフライヤーでは、例えばビットコインならば、全体の80%をコールドウォレットで管理しています。万が一残りの20%が脅威に晒されても、被害を最小限に留めることができます。

 再びコインチェック事件との比較になりますが、流出事件の際の通貨ネム(XEM)は全てホットウォレットで管理されており、結果的に99.9%のネムが流出する結果になりました。やはりここでも、コインチェックのずさんな管理が生んだ事件というのがわかります。

二段階認証

 今度は利用者のアカウントのセキュリティ面です。取引所を利用するにはメルアドとパスワードといったログイン情報が基本になりますが、ビットフライヤーではそこにもう一段階の認証を行っています。具体的には、SMS・メール送信・認証アプリなどを利用し、利用者に本パスワードとは別の認証キーを送信し、ログインの際に使用するというものです。

 後述しますが、ビットフライヤーではこの他にも、二段階認証を登録している利用者に向けて、補償制度を持っています。万が一アカウントが乗っ取られた際に、投資額に応じた保証金を支払うというものです。ここまでしっかりセキュリティ体制が整っているので、安心して利用できます。

ビットフライヤー(bitFlyer)の補償・保険

画像:pixabay

参考:bitFlyerが加入する顧客資産に関する保険の内容について教えてください。

アカウント盗用の際の補償

補償額(※二段階認証登録が必須)
  • 資産100万円未満⇒10万円を上限に補償
  • 資産100万円以上⇒500万円 〃 

 前述しましたが、利用者のアカウントが不正利用された場合に、資産に応じて補償が適用されます。ビットフライヤーはそもそもセキュリティが優秀なので可能性は低いですが、万が一の補償があるのでより安心です。

事業主としての保険加入

保険会社:三井住友海上火災保険
保険の適用範囲:
  • サイバー攻撃に伴う通貨の盗難・消失の損害賠償
  • 事故対応費用(見舞金、原因調査費用、被害拡大防止費用など)

 これは事業者としての保険に入っているというものです。これも利用者側へのメリットもあります。例えば万が一通貨の盗難等の被害があった場合でも、保険から各種費用がビットフライヤーに支払われるために、利用者への補償がスムーズに行われるとともに、被害による経営へのダメージも最小限にとどまります。

 ここまで説明したように、ビットフライヤーは資本金が潤沢で、大手企業の支援を受けています。その上でセキュリティを強固にし、万が一の補償や保険も加入しています。トラブルが起こる可能性はかなり低いですし、万が一の場合でも様々なところからバックアップを受けられるため、利用者保護がスムーズに行われ、企業としての継続性も高いレベルで確保できます。

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法

★登録はここからどうぞ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

登録まで
  1. ビットフライヤー(bitFlyer)登録画面へ
  2. メールアドレスを入力
  3. 返信されたメールを受信(キーワード、初回パス等記載)
  4. キーワード、パスを入力し登録完了
日本円入金・通貨取引まで

ここでの操作はPCの場合は画面右下、スマホの場合は「左上のアイコン⇒自分の名前⇒登録内容」から行います。

  1. 本人情報の登録
  2. 本人確認資料の提出(免許証,パスポート,マイナンバーカード,保険証など)
  3. 取引目的の確認
  4. 転送不要の書留郵便の受取

 以上を完了すれば、入金や取引が可能になります。ここまでの手順を終えたら、セキュリティ強化のために二段階認証を行うことをおすすめします。

入金の方法

 入金方法は銀行振込やネットバンキングがありますが、実際に利用してみた感想ではコンビニ入金が一番簡単で速いです。土日祝日、時間に関係なく入金できます。平日ならば銀行振込でいいでしょう。ここではコンビニ入金についてさらっと説明しておきます。

  1. コンビニ入金を選択⇒入金金額入力
  2. 登録アドレスでメール受信(コンビニ端末用の番号等記載)
  3. コンビニの端末(ロッピーなど)にて番号入力
  4. 端末からレシート受取
  5. レジにて支払い

おわりに

 私は別にビットフライヤーの回し者ではありませんが、安全性が高いことはご理解頂けたかと思います。なぜこういった記事を書いたのかといえば、コインチェック騒動の際のコインチェック社の管理のずさんさに呆れたためです。

 個人的に大きな損害はありませんでしたが、顧客の安全を無視した素人レベルの甘いセキュリティー管理と事件後の対応の悪さは企業として恥ずべきことです。何より、仮想通貨に対して悪いイメージを付けたことは大きな罪でしょう。

 そういったわけで、国内仮想通貨取引所を今一度見直し、セキュリティや安全面で優れたところを探してみたというわけです。安全に、無理のない範囲での投資を楽しむために、まずはビットフライヤーを選んでみてはどうでしょうか? それでは!