基礎を勉強!仮想通貨のまとめ![おすすめ取引所/仮想通貨比較/ニュースサイト/本,参考書]

2018年3月30日

仮想通貨の基礎基本から情報収集までしっかり解説!

画像:pixabay

仮想通貨まとめ! – もくじ

仮想通貨徹底比較!
  • ビットコイン/BTC(時価総額1位)
  • イーサリアム/ETH(時価総額2位)
  • リップル/XRP(時価総額3位)
  • ライトコイン/LTC
  • ネム/XEM
仮想通貨のおすすめニュースサイト!
  • コインテレグラフジャパン
  • モーニングスター 仮想通貨
  • コインチョイス
仮想通貨のおすすめ参考書!
  • 『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』
  • 『知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門』
  • 『仮想通貨財テク術 爆上げ最前線』(ムック)
  • 『入門 ビットコインとブロックチェーン』

おすすめ仮想通貨取引所

ビットフライヤー(bitFlyer):名実ともに日本一の取引所

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
↑登録はこちらから

  • 世界最高レベルのセキュリティー
  • 国内大手企業からの出資
  • 取扱通貨:BTC/ETH/ETC/LTC/BCH/MONA/LSK

ザイフ(Zaif):他には無いサービスが今後期待できる!


↑登録はこちらから

  • XEM(ネム)が買える!
  • トークンが買える(COMSA/ZAIF)
  • 指値注文もしっかりできる!
  • 取扱通貨:BTC/BTC/ETH/XEM/MONA

GMOインターネットグループの【GMOコイン】


登録はこちらから

  • 国内大手企業では数少ないリップル取扱い
  • グループ企業での証券・FXサービスで実績
  • セキュリティ面、サーバーの安定性等で安心感がある
  • 取扱通貨:BTC/BCH/ETH/LTC/ETC/XRP

**

仮想通貨徹底比較!

ビットコイン/BTC(時価総額1位)

画像:Pixabay

特徴、時価総額、企業連合、

世界初の仮想通貨!仮想通貨界のドル?
  • 仮想通貨界の基軸通貨的存在
  • 時価総額:約17.7兆円(2018.2.16現在)
    仮想通貨ランキング – モーニングスター
  • 実店舗での取扱も急増
日本一の大企業に匹敵する時価総額

 仮想通貨の代名詞とも言えるビットコイン。世界中で最も取引されており、時価総額もかなりの規模になっています。この規模感を実際の企業と比較してみましょう。

 つまり、仮想通貨のトップを走るビットコインは、今や日本ナンバーワンの大企業と肩を並べる規模にまでなっています。世界的に見ても50位ということで、世界中がもはや無視できない存在となっています。ちなみに、時価総額とは「仮想通貨の発行数×価格」です。

イーサリアム/ETH(時価総額2位)

画像:pixabay

あらゆる業界に応用可能な技術!
  • 独自技術「スマートコントラクト」
  • 不動産、有価証券、財産相続・譲渡、納税、ローン契約など、多岐に渡って応用が期待されている
  • 時価総額:約9.6兆円(2018.2.16現在)

 ビットコインに次いで知名度・人気の高い仮想通貨。こちらも時価総額は10兆円にも迫ります。目安としては、日本の企業の時価総額ランキングのトップ5に食い込みます。具体的には、NTT、ソフトバンクといった大企業に匹敵します(※参考:時価総額上位ランキング – 日本経済新聞)。

世界を変える?

 イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクトという技術。イーサリアムのプラットフォーム(システム)を利用すれば、取引、契約の実行・保存、権利譲渡履歴、信用情報なども同時に処理できます。ここから、上記の不動産契約や有価証券取引などに応用できると言われています。仮想通貨の強みである取引・決済のスピードがあるため、既存のシステムを効率化・高速化し、まさに世界を変える可能性を秘めています。あらゆる分野で技術が利用されるという、大きな期待を集める通貨となっています。

リップル/XRP(時価総額3位)

画像:pixabay

圧倒的なスピード!銀行間送金に特化!
  • イーサリアムをも圧倒する送金・決済速度!
  • 既存の銀行送金システムに取って変わる可能性
  • 時価総額:約4.6兆円(2018.2.16現在)

 時価総額第3位のリップルは、イーサリアムと同じくそのプラットフォーム(システム)に大きな注目が集まっています。銀行間の送金技術に特化したシステムであり、日本を含めた世界中の金融機関で実証実験が盛んに行われています。既存の銀行システムは煩雑でミスも多く、長らくシステム刷新が叫ばれてきました。そこにきて、速度や効率性において圧倒的なポテンシャルを持っているのがリップルの送金技術です。世界の金融を変えるとなれば、その伸びしろは計り知れません。

SBIホールディングスを中心とした国内の取り組み

 リップルは日本国内でもかなり注目を集めており、ネット証券最大手のSBIホールディングスが、メガンバンクと地方銀行を巻き込んで、新たな取組を行っています。国内の地方銀行をネットワークでつなげることが実現できれば、まさに国内の銀行システムを変える革命的な出来事となります。SBIホールディングスはリップルの大元であるリップル社に10%を超える出資を行っており、本気度が伺えます。

ライトコイン/LTC、ネム/XEM

※執筆中……!

仮想通貨のおすすめニュースサイト!

画像:pixabay

★★おすすめ★★
コインテレグラフジャパン(@JpCointelegraph)

仮想通貨、ブロックチェーンを取り巻く世界情勢がわかる!
仮想通貨ごとのチャート分析は必読

 アメリカのニュースサイトの日本版です。仮想通貨やブロックチェーンを取り巻く最新の世界情勢を、非常にわかりやすく伝えてくれます。ニュースの質も高いので、効率よく情報を得ることができます。

 また、ほぼ毎日更新のチャート分析も本格的かつわかりやすく、かなり重宝します。チャート分析が苦手な人でも、買い時や相場の動きをキャッチできます。ツイッター(@JpCointelegraph)をフォローしておくとこまめにチェックできるのでおすすめです。

★おすすめ★
モーニングスター 仮想通貨(@mstarjp_vc)

日本の大手証券情報・格付け会社のツイッターアカウント
本格的な情報発信&仮想通貨の格付けも予定

 株をやっている人にはおなじみの格付け会社。証券サービスとしての歴史と実績を持つだけあって、情報の質は高いです。下手なブログ記事やコラムを読むより、しっかりした情報を得たいと言う人にはおすすめできます。

 仮想通貨情報のサービス開始が始まって間もないので、今後情報量が拡大すると思われます。今のうちにチェックしておくのをおすすめします。

★★おすすめ★★
コインチョイス(@coin_choice)

ニュース、コラム、チャート分析、ブログ記事など幅広い情報
総合サイトとして非常に使いやすい

 国内の仮想通貨総合ニュースサイトとしては、コインチョイスが一番ではないかと思います。本格的なニュース記事から、仮想通貨関連の小さなニュース、コラム記事、チャート分析、ブログ記事紹介まで、情報の幅が非常に広く、取引しないで見てるだけでも楽しめそうなサイトになっています。

 仮想通貨のニュースサイトには個人運営のもの、Googleなどのニュースをかき集めたものなども多く、質の低いものも多いのが現状です。しかし、このサイトは運営会社がしっかりあって、ニュースサイトとして健全な運営をしていると感じます。

仮想通貨のおすすめ参考書!

画像:pixabay

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン


いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

 ビットコインの基本とブロックチェーン技術を知るには、これが一番わかりやすいと思います。仮想通貨の将来性や世の中にどう役立つかまでよくまとまっていて、入門書として強くおすすめしたい。ただ、一つだけマイナス点をあげるならば、流出騒動を起こしたコインチェック社の取締役である大塚雄介氏の著書ということ。とは言え、それさえ気にしなければ問題ない。それくらい、中身は素晴らしい。

 一つ面白いのは、本のある章でセキュリティの説明をしているが、そこに書かれていることを完全に無視した結果、コインチェックの流出事件が起きたということ。これ以上の皮肉は無い。なんでここまで素晴らしい本を書いているのに、あんな事件を起こすことになったのか? 大塚氏は早稲田で物理学の修士号を取っていて、IT企業の開発設計にも携わっていた技術畑出身の人。よくある「文系出身の経営者・幹部」というわけじゃないのだから、セキュリティの技術面のこともある程度わかっていたはず……。

 あの事件が無かったら、この本は「超」ベストセラーになっていたはず。事件前の時点ですでにかなり売れていたのだから、なおさらもったいない!

知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門


知識ゼロからのビットコイン・仮想通貨入門

 こちらも仮想通貨全般についてわかりやすく説明している一冊。特徴はイラストが多く、視覚的に理解できるところ。あとは、見開きごとに1項目が説明されているので、サクサク読める。ビットコインの成り立ちや仕組み、取引所の登録や売買までしっかり説明されている。これから仮想通貨を始めようと言う人は、この本を一冊買っておけば困ることはなさそう。ついでに言うと、2018年発売の本なので、最新情報もまあまあ拾える。

仮想通貨財テク術 爆上げ最前線』(ムック)


仮想通貨財テク術 爆上げ最前線 (パワームック)

 仮想通貨のムック本は玉石混交で選ぶのが難しいが、きちんと探せばいい本もある。この本では仮想通貨の基本事項をはじめとして、「ICO」「アービトラージ」「レバレッジ」「ハーベスト(XEM)」「無料でのビットコイン入手法」「アフィリエイト」など、実に様々な投資方法に触れている。単純な売買から一歩進んだ投資法をしたい方におすすめできる。

 その他、専門家や個人投資家のコラム記事もあり、何かと参考になる内容になっている。ムック本は日々新刊されているので、こまめにチェックした方がいい。なかなかあなどれない存在である。

入門 ビットコインとブロックチェーン


入門 ビットコインとブロックチェーン (PHPビジネス新書)

 元大蔵省の経済学者による入門書。基本事項を網羅しつつ、とりわけ「社会でどのように役立つか」という視点からの記述が非常に豊富。仮想通貨を一教養として知っておきたい人にとっては、これ以上無いしっかりした内容になっている。

 また、将来の展望についての記述も多いので、今のうちにしっかり読んでおくと、長期的な視点での投資に役立つかもしれない。